「畑田医院」からのお知らせ。今日の出来事。スタッフが書き込む「畑田医院ノート」です。
流行時にはマスクの配布|岸和田の内科【畑田医院】


●流行時にはマスクの配布

風邪が流行する季節(11月〜3月)当院の待合いは患者さんであふれます。インフルエンザの方、インフルエンザでない方どちらにも、予防として受付窓口よりマスクを配布し、着用をお願いしています。
マスクの効果は一般的なマスクでもウイルスの侵入を約3割減らすといわれています。吐く息でマスクが湿り、吸う息に湿り気(湿度)を与えて喉を保護する効果があります。また待合いには咳で来院された方に張り紙をしてマスクの着用をお願いしています。
 
(エピソード)
今年の冬、例年の如くインフルエンザが流行しました。当院の待合いの方全員がマスクをしている異様な光景に「畑田医院に行けば風邪がうつる」と勘違いされて2、3ヶ月薬が切れていたにもかかわらず、通院を自粛されていた患者さんがおられました(笑)



■内科・外科・胃腸科・漢方内科【畑田医院】 http://www.hatada-md.com/
大阪府岸和田市額原町1051【畑田医院】電話0724-43-8008
詳しい地図・・・グーグルマップ
畑田医院|こだわり -
<< NEW | TOP | OLD>>