「畑田医院」からのお知らせ。今日の出来事。スタッフが書き込む「畑田医院ノート」です。
漢方を治療に取り入れた理由|岸和田の内科【畑田医院】
漢方は西洋薬による病名治療(原因治療)とちがって、そのときの症状にあわせた治療で、誰にでも出来る簡単な治療と安易に考える人が多いのですが、実は奥が深いのです。
 
患者さんの訴えをじっくり聞き、体力のある状態の患者さんなのか?(実証といいます)、中間ぐらいの体力の患者さんなのか?(中間症といいます)、虚弱な状態の患者さんなのか?(虚症といいます) これらをしっかり見極め、また、病気になってからどれぐらい経っているのか?などを聞き取ります。
 

それだけでなく、皮膚の色、艶、汗の状態、舌の変化、脈の状態、お腹の触診から得られる情報(手を置いただけでわかる身体の正常からの偏移)、声の調子など、その人の身体全体から現れているあらゆるサインを診察室に入ってきたときから見落とさないように目を配っておかねばなりません。
 
それが出来てこそ、びっくりするような劇的な病気の改善が期待できます。勿論個人差はありますが、極端な話し、一服で楽になる場合があります。
 

漢方治療は歪んだ身体を正常な状態にもどすことにあります。そのため、服薬して症状が無くなれば服薬を中止しても、健康な状態がそのままずっと維持されるといわれています。
 
これが漢方治療の魅力であり、私が漢方治療を続ける理由です。
 
 
西洋治療では検査で異常が無ければ、たとえ辛い症状があっても、微妙な変化であっても、とるべき対策がありません。
異常がないから、症状があっても「心配ない」と言って患者さんに帰ってもらうのでなく、今の検査ではとらえきれない異常に対して、その訴えにあわせて治療できる漢方は「こんな時にこそ待ってました!!」治療なのです。
 

しかし、漢方治療は医師でも的確な治療はむつかしく、まして、身体を診ずして投薬したり、処方したりしてもすばらしい効果は絶対に得られません。
 
簡単そうだから試してみようといった自己判断で安易に試してはいけません。また、状態にあわない漢方を服薬することは効果をあらわす薬にならず、下手すればさらに体調を悪くする毒にもなりかねませんので、注意が必要です。




■内科・外科・胃腸科・漢方内科【畑田医院】 http://www.hatada-md.com/
大阪府岸和田市額原町1051【畑田医院】電話0724-43-8008
詳しい地図・・・グーグルマップ



畑田医院|こだわり comments(0)
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>